年を取っても自分の歯で物を食べれるように

年を取ってからの楽しみは食べることだと言います。しかしこのときに自分の歯で食べるのと、入れ歯で食べるのでは大きな違いが出ています。

大阪市旭区にある歯科医院では、80歳と言う高齢でも20本以上の自分の歯を持っている人たちがいる北欧の歯の予防治療法に注目し、ヨーロッパで主流とされているオゾンを使った殺菌法、ヒートオゾン治療を行い、虫歯には出来るだけ自分の歯を削らずに治療が可能なドックスセメントを使う方法で、虫歯や歯周病を予防すると言う治療を行っていきます。この予防中心の治療法は北欧型歯科と言われており、定期的に歯科医院に通って歯の健康管理を行い生涯にわたってしっかりと使える歯を作って行くものです。

北欧型の歯科治療

最近の歯科医院は歯が痛くなって行く所ではなく、定期的に通って歯の健康管理を行い予防中心の治療を行っている所が多い様です。これは80歳と言う高齢でも20本以上の歯を残している人が多い北欧の歯科医院をモデルとして、行われている北欧型歯科というものです。

大阪市旭区にある歯科医院でもこの北欧型治療を行っており、ヨーロッパで良く使われているオゾンによる殺菌法や、アメリカのドックスセメントなどを使って出来るだけ自分の歯を削らすに治療を行って行くようです。この北欧型歯科は普段から定期的に虫歯検診を行いながら歯科医と信頼関係を作り、生涯にわたって丈夫な歯を維持できるように取り計らって行くもので、この旭区の歯科医院を始め色々な所に出来始めているようです。